未分類

産後の女性の抜け毛にミノキシジルは効く?危険性は?

更新日:

女性の中には出産後、急に抜け毛が増えてしまうという人もいます。産後の抜け毛にはいくつかの原因があります。

ホルモンバランスが変化したために抜け毛が増える

妊娠中は、女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンの両方の分泌が増えた状態です。女性ホルモンを増やすことで妊娠中の母体を守っているのです。

ところが、出産してしまうとそれほどたくさんの女性ホルモンは必要ないために急激に女性ホルモンが減少します。

エストロゲンは髪の成長にかかわるホルモンでもあるので、急激に減少することで女性の抜け毛につながってしまうのです。

産後ストレスのために抜け毛が増える

とくに一人目の赤ちゃんを育てるという女性にとって、育児は楽しいものではありますが同時に様々なストレスも抱えてしまいます。

自分の時間がなくなる、赤ちゃんがちゃんと育っているか気になるなど、ストレスの多い生活は、抜け毛が増えてしまう原因となります。

抜け毛対策にミノキシジルは有効?危険?

育毛剤としてのミノキシジルは、外用薬と内服薬の二通りの使い方があります。

外用薬としては、男性用の育毛剤のCMなどでも知られている商品などに含まれていて、頭皮から吸収されて効果を発揮します。
商品はドラッグストアや大型スーパーなどで市販され、誰にでも買うことができます。

内服薬としては、「ミノタブ(ミノキシジルタブレット)」などとして知られていますが、市販されているものではなく、個人輸入で購入するか育毛クリニックなどで処方してもらうことで手に入ります。

女性の産後抜け毛にミノキシジルは効く?

ミノキシジルは女性の抜け毛にも効果はあります。しかし、タブレット(内服薬)に関しては危険性を考えるとおすすめはできません。

ミノキシジルはもともと、血圧の高い人の血管を広げて血圧を下げるために処方されていた薬品です。しかし今は降圧剤としてつかわれていないのです。

その理由は、ミノキシジルを服用していた人に、動悸など心臓に悪い影響がみられたことや、他の副作用も多くみられたことです。ミノキシジルの副作用の一つが「多毛」だったために、増毛のために服用する人がでてきたということなのですね。

男性同様に、女性も養毛剤としてのミノキシジルなら安心して使えます。市販の増毛剤であれば、使用されているミノキシジルの分量も心配ありません。

ミノキシジルは「毛孔」といわれる毛穴から浸透し、髪を作る「毛包」に働きかけて髪をつくるお手伝いをしてくれます。

産後の女性の抜け毛については、最も多い原因が女性ホルモンの急激な減少によるものです。これは一時的なものですので、抜け毛も一時的なものと考えて大丈夫。

心配になって危険性のある薬を服用したりしないよう、注意してくださいね。

ミノキシジルのタブレット(錠剤の内服薬)は、日本国内では認可されていません。それだけ危険性があるからです。
どうしても気になるなら育毛剤、養毛剤を利用するようにしましょう。

-未分類

Copyright© 産後の「びまん性脱毛症」対策!知らないとヤバい抜け毛の話 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.