びまん性脱毛症の恐怖
産後、髪の毛のボリュームが減ってきた、抜け毛が気になる、頭皮が目立つ、髪の毛が細くなってきた、髪の毛のツヤがなきなってきた、髪のコシがなくなってきた、髪の毛を触るとごっそり抜けてしまう、生え際が薄くなってきたといった症状に当てはまるのがあるのなら、もしかしたら「びまん性脱毛症」かもしれません。

この「びまん性脱毛症」とは、部分的ではなく全体的に毛髪が薄くなっていく症状のことです。

徐々に髪の毛が少なくなったりしていくので気づきにくいこともあります。髪の毛のツヤがなくなってきたり、髪の毛のボリュームが減ったり、抜け毛が増えきたなと気づいた頃には、全体的に薄くなり、頭皮が目立ってしまうのです。

この症状が現れ始めるのは、更年期前後がもっとも多く、閉経後にさらに目立ってくることが多いです。また産後女性の7割の人にも「びまん性脱毛症」の症状が出ると言われています。

産後に髪が抜ける原因?

びまん性脱毛症の原因
大きな原因としては、加齢、出産、ストレス、睡眠不足、偏った食事などがあります。

加齢に対しては、女性ホルモンの減少です。産後の原因も、女性ホルモンが関係しています。

妊娠中は体を守るために女性ホルモンが大量に分泌され、妊娠中は女性ホルモンの大量の分泌により髪の毛が抜けないのです。

妊娠中に、髪の毛が抜けないと思ったことがあるのではないかと思います。そして産後、女性ホルモンが正常の分泌に戻ろうと体が変化をしていきます。

そして一時中止をしていたヘアサイクルが動き出し、本来抜ける予定の髪の毛がまとめて抜けてくるという脱毛症状が現れてくるのです。

産後の抜け毛は、ヘアサイクルから考えると、当たり前のものと思ってもいいのかもしれません。

ストレスは、女性ホルモンのバランスが崩れやすくなり、女性ホルモンが減少したります。睡眠や食事といった生活習慣からの乱れも、女性ホルモンのバランスを崩していきます。共通の根本的な要因としては、女性ホルモンの働きかたになってくるのです。

びまん性脱毛症の対策

産後の抜け毛は一過性のものなので、産後3ヶ月頃から始まり、半年、一年くらいで自然と治っていきます。ただ一過性のものだからといって何もしないでいると、産後の「びまん性脱毛症」を長引かせることになるのです。

なぜなら、産後のホルモンバランスだけが、抜け毛、髪の毛のボリュームの減少の原因だけではなく、生活習慣からの、睡眠不足、偏った食事、母乳をあげることでの栄養不足もあるのです。そしてストレスもかなり大きな要因となってきます。産後の生活の中には、様々な原因があるのです。

栄養不足にならないように食事に気をつけること、睡眠不足は、なかなか解消できないと思いますが、お母さんの体を休ませてあげることも大事な子育てと考えてもいいと思います。

生活習慣の改善、それだけでなくサプリメントや頭皮マッサージで血行をよくするなど、または女性用育毛剤といったヘアケアをしてあげることで回復が早くなります。

この産後の抜け毛で、さらにストレスを増やしてしまうことがありますので、産後うつにならないためにも、あまり気にしないほうがいいのです。

産後に育毛剤を使う場合の注意点

育毛剤選びの注意点
産後の抜け毛を育毛剤で対策する場合に、注意しなければならない事が2つあります。

今から説明する2つのことに注意しないと産後抜け毛を減らすどころか、悪化させてしまう恐れもあるので、絶対にチェックしてください!

産後に育毛剤を使う場合の注意点①

まず1つ目の注意点は、女性専用の育毛剤を使うということです。

私の友人が実際に体験した話ですが、旦那さんが使っていた育毛剤を産後の抜け毛に使ったところ、症状が改善するどころか、頭皮が荒れてひどくなってしまったという話を聞いた事があります。

これはたまたま友人の肌が弱かった話ではなく、男性用の育毛剤には、女性が使ってはいけない「ミノキシジル」が配合されていることが、原因です。

ミノキシジル以外にも男性用の育毛剤には、女性が使うと危険な成分が含まれていることが多いので、絶対に使ってはいけません。特に授乳中に使うと母乳まで影響を与える成分もありますので、必ず確認してください。

産後に育毛剤を使う場合の注意点②

2つ目の注意点は、医薬部外品の育毛剤を使うということです。

薬局などで、医薬品と医薬部外品という言葉を目にすると思いますが、言葉こそ似ていますが、中身が全然違うので気をつけてください。

まず、医薬品の特徴から説明すると、効果が高い代わりに副作用のリスクも高いという特徴があります。逆に医薬部外品は、効果が少し弱い代わりに副作用のリスクがほとんどありません。

産後の抜け毛ではなく、年齢による抜け毛の場合には、どちらを使っても問題ありませんが、産後の女性は必ず医薬部外品の育毛剤を選ぶようにしましょう。

一応補足しておくと、医薬部外品という表記は厚生労働省から効果を認められないと、載せられない言葉なので、しっかり効果を実感することはできます。

私はネット通販で育毛剤を買いました

ネットで育毛剤を買う女性
上記で書いた注意点に気をつけながら育毛剤を探すと、薬局などでは中々売られていなかったりします。

私も当時、5件ぐらい回ってみましたが、ほとんどのお店が男性用の育毛剤しか置いてなかったです。

そこからネット通販でいろいろ検索したところ、薬局では売られていない産後用の育毛剤もたくさん売られているので、これから育毛剤を探す人はネットで探すことをおすすめします。ネット通販なら育毛剤をレジに持っていく恥ずかしさもないので、一石二鳥です。

ちなみに私はマイナチュレという名前の育毛剤を買いました。

マイナチュレは産後抜け毛に使える無添加の育毛剤なので、効果を実感するまでには3ヶ月程掛かりましたが、そこからは抜け毛が気にならなくなったのでよかったです。

結構人気の育毛剤らしくレビューや感想などをまとめている記事も多くあるので、購入前にいろいろ見てみるといいと思います。一応私が参考にした記事を貼っておきますので、よかったら見てみて下さい。(女性用育毛剤ランキングまとめ|コレを選べば間違いない!

ネット通販で買える育毛剤は効果が出なかった時の返金保証が付いている物もあったりするので、初めて育毛剤を使うなら、かなり便利だと思います。

産後の抜け毛対策まとめ

今現在、びまん性脱毛症に悩まされている方は、毎日のように抜け落ちる髪の毛の不安な気持ちでいっぱいだと思いますが、少しずつできることから対策していくことが大切になります。

今回紹介した方法以外にも、食生活を見直したり、睡眠時間をいつもより多く取るようにするだけでも、抜け毛は減っていきますので、まずは自分にあった方法を見つけることが大切です。

また、育毛剤を使うのは抵抗があるという人は、シャンプーを無添加の物に変えたりするのも有効なので、ぜひ試してみて下さい。(シャンプーは薬局でも星の数ほど売られています)

今後、当サイトでも産後抜け毛に関する情報を発信していきますので、参考にして頂ければ幸いです。

みなさんの抜け毛の悩みが1日でも早く改善することを心から願っています。

更新日:

Copyright© 産後の「びまん性脱毛症」対策!知らないとヤバい抜け毛の話 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.